【実録】手取り約35万円で毎月10万円貯金、夫婦のお財布管理

主婦ログ

毎月の夫婦のお財布ってどうされていますか?

夫婦、別々の財布にしたら良いのか、一緒にしたら良いのか。保険は?貯蓄は?子供ができたら?お金に関する悩みは尽きません・・・。

それぞれのご夫婦でやり方は様々あると思いますが、ズボラな私流のお財布管理を公開してみました。

スポンサーリンク

夫婦の手取りは約35万円。貯金は月々最低5万円

大前提として、私たち夫婦の手取りは約35万円です。関東在住です。月々の貯金目標は最低5万円を目指しています。

夫婦と猫3匹分で、ざっくり毎月の支出は下記のような内容になります。

家賃・駐車場代 4万7500円
光熱費(ガス・電気・水道) 1万5000円
携帯・通信料 1万円5000円
食費 2万5000円
猫様の食費 5000円
車のローン 5万円
ガソリン代 1万円
猫貯金 1万5000円
生活用品など 5000円

合計が18万7500円で、手取り35万円から引くと、残金が16万2500円です。本当に大雑把な計算なので、抜けはあると思いますが、まずはイメージとして。
残金は二人のお小遣いや貯金に回しています。ここでのルールは、必ず5万円は絶対貯蓄に回すということだけ。
面倒くさくなって管理がずさんになるくらいなら、最初からずさんな計画で、守れそうなルールを一つだけ決めるという方向性で我が家は成り立っています。
ちなみにまだ生命保険に加入していないので、年内に二人で加入する場合、1万円ほど引かれていく予想です。

この内訳の中で家計を見直すにあたり最初に着目したポイントは、光熱費、携帯料金、保険の3点でした。

光熱費について

電気を『楽天でんき』に変更しました。
楽天できんに変更することによって、楽天ポイントが貯まるのはもちろんですが、楽天で買い物をする際にポイントが貯まりやすくなります。我が家の猫様のお食事は楽天でまとめ買いしてストックしているため、電気料金は以前と大差がないものの、ポイントが貯まりやすくなり、結果としてお得に買い物をすることができるようになりました。

携帯料金について

実は元大手携帯ショップのカウンターセールスをしていた私ですが、毎月の携帯料金を1万円近く支払っていました。プランとしては、電話かけ放題(仕事で利用する機会が多かったため)毎月20GB、iPhone XS MAXの本体代金を分割するというようなもので、基本使用料金が約6,000円以上だったのですが、こちらをLINEモバイルに乗り換えて、基本使用料金が3,000円台になりました。

本音を言うと、楽天モバイルに乗り換えて、楽天のポイントをさらに貯めやすくしたかったのですが、当時iPhoneの動作確認が取れていなかったためLINEモバイルに変更しました。現在は楽天モバイルでもiPhoneの動作確認は機種によって取れているそうです。

※ただ、私の場合は、LINE、インスタ、ツイッター、LINE MUSICなどを利用することが多かったため、SNSデータフリーのプランがあるLINEモバイルは、値段的にも機能性的にも乗り換えをしたメリットが大きかったと思います。

保険について

今回見直した保険は、自動車保険とペット保険です。
まず自動車保険ですが、今までは車を購入したディーラーさんのお勧めする保険に加入していました。でも、無駄なオプションも多く、年間12万円以上の支払いがあったので、こちらをネット保険へ変更しました。支払いはもちろん一括払いです。
ネット保険のメリットは、余計なオプションが付いていないので保険料を安く抑えられます。詳しくは車の保険について書いている方の記事を参考にされた方が良いと思いますが、私たち夫婦の場合は、車両保険を無くして、SBI保険へ加入しました。これで年間10万円以上支払っていた保険料を半額近くに抑えることができました。

ペット保険については今まで加入していた保険を解約しました。その代わり、猫貯金として、毎月1万5000円を積み立てることにしました。病気にかかるリスクを考えると怖さもあるのですが、現在3匹の猫を飼っている中で、1年の医療費はかかっても3万円〜5万円程度です。しかもその中にはペット保険では対象にならないワクチン代や健康診断料も含まれています。保険対象外の病気もあるため、保険に頼ることをやめ、毎月しっかり自分たちで積み立てて、万が一に備えることにしました

夫婦のお財布事情は?

ここまでは我が家の家計の内訳を記載しましたが、結局、夫婦のお財布はどうしているかと言うと、
我が家は、妻が一括管理しています。

管理といってもズボラな私には毎月几帳面に家計簿をつけるということはかなりハードルが高いので、面倒くさいことは一切やっていません。
その代わり、いつでもスマホで貯金残高を夫婦どちらも確認できるシステムを作りました。

私たちが使用しているのは、「楽天銀行+楽天カード」と「ゆうちょ銀行」です。

家計簿管理には楽天カードが便利!

我が家はとにかくまとめられるものは楽天で全部まとめています。
楽天でまとめるメリットは、主なものでいうと、ポイント還元率が高いこと、楽天カードアプリで家計を一括管理できること、の二つが挙げられます。

ポイント還元率が高い

楽天カード、楽天でんき、楽天モバイル、楽天ひかりなど、楽天でまとめればまとめるほど、楽天で買い物をした際のポイント付与率が上がっていきます。
基本的に我が家の買い物は近くのスーパーやホームセンターが多いのですが、猫さまのごはんのまとめ買いや大きな買い物があるときは、楽天で買い物をしてポイントをゲットしています。

楽天カードアプリで家計を一括管理できる
楽天カードの契約を妻をメインカードとして、夫名義の家族カードを作りました。
クレジットカードが使える店舗では、現金ではなく必ずこの楽天カードを利用しています。
なぜなら、楽天カードアプリで登録さえすれば、夫婦でどちらが何を購入したのか、利用状況を確認することできるのです。
これによって毎回家計簿に”何をいくら利用したのか”を書き記すことなく、楽天カードアプリを開けば自動で支出を計算してくれるようになりますし、お互いが今月いくら使っているのかを数字として見ることができます。
おかげで、コンビニでの「ちょっと買い」初め、スマホアプリ課金などの小さな無駄遣いをグッと抑えることができました。
貯まったポイントに関しては、基本的には夫に還元しています。そうすることによって、今月は何ポイント貯まっているのかを確認する癖づけもできて、必然的に今月の収支もチェックしてくれるようになるので、二人で節約している実感を持ってもらうことができます。

貯金するならゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行→楽天銀行の振込手数料は0円です。
楽天銀行→ゆうちょ銀行への振込手数料は、一律168円です。(本来は3万円以上の振り込みの場合262円かかります。)
なぜここでゆうちょ銀行をチョイスしたかというと、全ての支払いを楽天カードまたは、楽天銀行からにしようとしても、どうしてもガスや水道などネットバンクに対応していないところがあります。
そういった時にはゆうちょ銀行なら大抵の場所はカバーできますし、万が一何かにお金が必要!という時にも近くのATMやファミリーマートなどで手数料無料で引き落としができるので、ゆうちょ銀行を選びました。
楽天銀行で申請さえすれば、ネットで振り込みの手続きもできるので、
「銀行に行くことですら面倒くさい」という私にはぴったり。
汎用性の高さにより、我が家では、『支払いは楽天』『貯金はゆうちょ』と完全に口座を分けています。

まとめ

あくまで個人的な意見ではありますが、お互いに貯金をしようという意識のもと動くことができると思いますし、貯まっていく貯金額をいつでも確認することができる点で言えば、夫婦でお財布をまとめて、一括管理することはメリットが大きいと思います!

タイトルとURLをコピーしました