夫婦のお小遣い制度をやめたら家計管理がうまくなりました

主婦ログ

一般的には、妻または夫のどちらかが家計管理をして、毎月一定額をお小遣いとして渡しているご家庭が多いと思います。

 

我が家に関しても、毎月のお小遣い制度を導入していましたが、
『お小遣いを渡したら渡した分だけ』『お金があればある分だけ』を利用してしまっていました。

 

しかし、この考え方のままでは、お金は貯まるどころか湯水の如くみるみるうちに消えていくのは目に見えています。

考えに考え抜いた結果、思い切って我が家では、お小遣い制度を廃止するとともに、夫婦共通の口座を作って、そこからお互いが必要な分を使っていく方式に変更しました。

これによってお互いの意識改革もできて、貯金もしっかり貯めることが出来るようになったのです!

私たち流ではありますが、お小遣い制度を廃止をするにあたって、上手に家計管理をしていく3つの方法をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

現金でのお小遣い制度を撤廃し、キャッシュレス決済へ移行

買い物をする時は、現金での精算をやめ、全てキャッシュレス決済にしました。

キャッシュレス決済にするメリットは2つあります。利用速報がお互いにメールですぐに届くこと
、②ポイントが貯まることです。

一つずつ解説していきます。

利用速報がお互いにメールですぐ届くこと

我が家の場合は、楽天カードで管理しています。

メインのカードを妻、家族カードを夫とし、
利用したら直ぐに登録したメールアドレスへ利用速報が届きます。

楽天クレジットカードアプリで、お互いのカードを登録しておけば、どちらが何にいくらお金を利用したのか内訳もわかります。

もちろん、『毎月いくらまでしかカードを使ってはいけない』
といったルールは設けていません。

しかし、これによって、リアルタイムでお金の動きを把握し、二人のお金を【見える化】することができたので、「これも買っちゃおうかな」という、小さな無駄遣いをなくすことができたのです。
大きな買い物をする時にも、購入する前に必ず相談をするようになり、無駄だと思うものは相手が止めてくれて、購買意欲をセーブすることもできました。
結果として、お小遣い制度を採用していた時よりも、毎月の支出額を3分の1近く減らすことが出来たのです。

ポイントが貯まること

楽天ポイントは、夫が好きなマクドナルドやすき家等でも利用することが出来る他、楽天市場など幅広く利用することができて、ポイントも貯まり易いです。
スマホやでんき、家のひかりなどもまとめればさらにポイントが貯まって、しかも一つにまとめられるから管理も楽です。何かあったら楽天に問い合わせれば大抵のことが解決します。
貯まったポイントも夫の好きなように使ってもらっているので、何も文句なく率先してカード払いにも協力してくれています。

今やポイントは現金と同じように大切にされていますが、【貯まりやすさ、使える用途】は重要視しなくてはならないポイントだと思っています。

楽天ポイントはそのどちらも私たちの基準や生活スタイルに合っていたため採用しました。

夫婦の共通口座をネットバンキングに

クレジットカードと同じ方式ですが、夫婦の共通口座をネットバンキングにすることによって、毎月の収支をお互いがいつでも確認できるようにしました。

こうすることによって、月々のお小遣い額を決めなくとも、毎月の収支を常に意識するようになり、お互いが無駄な出費を抑えようという心理になれます。

 

そして、共通口座の最大のメリットは、家計管理を二人ですることが出来る点です。

家計管理を夫婦どちらかに丸投げしてしまうとストレスの元になって喧嘩が増えてしまう。そんな悪循環から逃れることができます!

 

これは実際に私の経験談ですが、
家計管理を妻でだけでしていた時は、”毎月何にいくらかかるのか、何ヶ月後までにはいくらの貯金になるのか”を計算して、目標値に行かないとなると、「どうしよう、お金足りない、どうしよう」と夫に愚痴を溢していました。

愚痴る方も方なのですが、聞いている方もイヤですよね・・・。

そして、家計を丸投げしてお金だけ渡している夫は、何故か上から目線になりがちで「お金預けてやってんだからしっかり管理してくれよ」という心理に陥り易いのです。

その態度に妻は「管理の大変さも知らないで!」とイライラしてしまうわけで、喧嘩の元でした。

 

最終的な家計管理は妻がしているものの、共通口座で、ざっくりにでもお互いがきちんと毎月の収支を認識することは、お金に対する悩みを夫婦で共有することにもなります。お金の愚痴も、変な上から目線もなくなって、むしろお金についてしっかり夫婦で話し合いを持つことが出来るようになり、円満な家庭環境を作る手助けになると言えます。

お小遣いは自分で調達!副業をしてスキルアップへ繋げる

ここまで二人で家計管理をしていく大切さを書いてきましたが、

口座もカードも二人で管理すると、「無駄遣いしちゃいけない」「文句言われるからお金使えない」と、窮屈さを感じてしまうと思います。

そこで我が家では、自由にお金を使えるように、副業をして自分のお小遣いを増やすことにしています

特にスキルや知識があるわけではないので、現在私たちがやっている副業は簡単なものにはなりますが、下記のような収入を作っています。

・メルカリ・・・月1万円〜2万円
・お小遣いサイト・・・月1000円〜1万円
・クラウドワークス・・・月1000円〜5000円
・YouTub
・ブログ

大体毎月一人当たり2万円くらいの副収入が得られれば御の字だと思っています。

その中でも、毎月私が安定して収入を得ているのは「お小遣いサイト」です。
スマホでもPCでもアクセスできて簡単なアンケートに答えるだけで続けやすいので、「マクロミル」というサイトを利用しています。
お小遣いサイトについては別の記事で詳しく書いています。↓

また、「クラウドワークス」も体験談レポートや簡単アンケートなど、スキルなしでもできる仕事案件が多数あるので初心者の方でも始めやすいと思います。

夫は、動画編集の技術を身につけたいみたいで、クラウドワークスで依頼されている動画編集の仕事やYouTubeのサムネ制作などの案件をしています。ゆくゆくはクラウドワークスで身につけた技術で、ココナラなどで動画やデザインを販売できるようになればいいなぁ、と密かな夢を抱いているようです。

本業をしながら副業をするのは大変ですが、
副業で得た収入は自分で自由に使ってOKと夫婦間のルールを決めているので、やる気も出るし、モチベーションも上がります。
お金も貯まってスキルも磨けて、そしてやればやるだけ収入に繋がるので、お小遣い制度を撤廃して副業を取り入れたのは、かなりメリットが大きかったと思います。

 

最後にまとめ

お小遣い制度を廃止して、お互いの収支を「見える化」すると、無駄遣いが減り、二人で『きちんとお金を貯めよう』という気持ちになれて、家計管理がしやすくなります。

ただ、『二人のお金』という認識が強くなるので、どちらかが使い過ぎてしまった場合は、喧嘩になる可能性もあります。

なので、「自分だけで利用できるお金」として副業など、第二の収入源を作り出すことが『収入アップ+スキルアップ』に繋がり、結果として、負担のない貯金を実現することが出来るようになります。

我が家は手取り35万円の夫婦二人+猫3匹の生活ですが、毎月しっかり10万円の貯蓄ができるよう調整しています。

上手にやりくりするためには、夫婦どちらの協力が欠けてもいけないと思いますので、しっかり話し合っていくことが大切だと思います!

タイトルとURLをコピーしました